自分が「化学物質過敏症かもしれない」と気づいたのは②

しばらく間があきましたが、前回の続きです。

夫と「いのちの林檎」の上映会に行きました。

20代の女性が、ショッピングセンターで動けなくなっている姿、サービスエリアのトイレに入れない姿を見て、「(私も)同じだ!」と思いました。

それまで、私と同じ症状の人を見たことがありませんでした。

この症状にはちゃんとした名前があるんだ。
私がおかしいわけではなかったんだ!

嬉々として映画を見ている私とは反対に、夫は途中で出てしまいました。

上映後、ロビーにいた夫に「どうしたの?」と聞いたら「見ていられなかった」とのこと。

私は自分の辛さで精一杯でしたが、そばで見ていた夫も辛かったんだな、とその時感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です