化学物質過敏症の私には重い症状になる塗料

今年の春先、社屋の屋根を修理しなくてはいけなくなり、塗装することになりました。

化学物質過敏症といっても、反応するものや、その影響の強弱が人によって様々ですが、私にとって塗料はもっとも影響の大きい原因物質です。

できるだけ避けたかったのですが、屋根の傷みが激しく、もう伸ばせない状況でした。

塗装屋さんがいうには、昨年優しい塗料が出たそうで、以前のものと比べると格段に臭いも軽減された、とのことでした。ちょっと気が楽になったものの、塗装作業は思いのほかかかり、塗装屋さんは1ヶ月ほど来ていました。

ただ、最後の錆止めは以前と変わらない塗料なので
「今日は臭うぞー、いない方がいいぞー」
と屋根の上から声がしました。

最初の塗装が始まってから、日中はパソコンを持って両親宅に避難し、そこで仕事をしていました。

隣接する自宅は、窓を閉めておいても、臭いも成分も残っていました。空気を入れ替えてから部屋に入りましたが、この1ヶ月で体調は悪化してしまいました。

塗装が終わっても、どうにも反応が落ち着かず、床や壁、建具、家具を水拭きするも、いまいち改善しない…。

あとはなんだろうなあ…。
いつも原因探しに時間がかかります。

ひょっとして…布かな?
大きな面積の布は、吸い込んでいる可能性大。

そして長時間触れている布といえば、布団!
布団が吸い込んでしまっているのかも。
この際布団をかえてみよう。

ということで、よいお布団を探し始めました。

 



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です