化学物質過敏症で手術が必要になったら(1)

久しぶりの投稿です。

実は夏頃、突然右目ががくんと見えなくなりました。
日に日にモヤがかかって視界が悪くなり、昔から通っている眼科を受診。
(私が化学物質過敏症とわかってくださっていて、順番が来るまで車の中で待機。)

診断は「白内障」。

思わず「え?私まだ46歳ですが、早くないですか?」と先生にいうと「アトピーの方は目をこすったりするので、白内障になるのが早いんですよ」とのこと。

「症状が進みすぎると手術が難しくなるので、早めの手術がいいと思います。」
とアドバイスされたものの…

この体でどうやって手術…

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です