化学物質過敏症で手術が必要になったら④

眼科の受付で、化学物質過敏症の診断書とヘルプカードをいれたビニールケースを渡しました。

外出するときは必ずカバンに入れているケースです。

反対側には、かかりつけの主治医の携帯番号と、鍼灸整骨院のカードも入れてあります。
どちらの先生も私の症状をよくご存知で、仮に交通事故にあった時など、専門医に聞いてもらえればしてはいけないことがわかるからです。

以前は病院でさえこの病気が知られていないことも多く、口頭で説明してもなかなか伝わりませんでした。

今回の診察で、私のカルテが「化学物質過敏症」と書かれたファイルに入っているのを見たときは、とても感激しました。
医師や看護師さんが、私の症状を共有してくださるのがわかります。

検査の間も「この場所は大丈夫ですか?」とか「目に麻酔します。1滴ですが、具合が悪くなったらおっしゃってください。」と聞いてくださり、安心して受診できました。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です