化学物質過敏症で手術が必要になったら⑥

白内障の手術をする上で心配だったのは、薬に自分がどう反応するのか、ということでした。
化学物質過敏症を発症して以来9年間、ほとんど薬を使用していません。

目の検査をする時「目の表面を触りますので、麻酔します」と言われました。たった1滴の麻酔(点眼)でも吐き気がおきましたが、なんとか耐えられました。

瞳孔をひらく検査で使用した目薬も1滴ですが、私の場合、寒気がひどく、震えがとまらない状態になりました。これは、瞳孔の検査のたびに起きました。薬によって起きる症状は違うのだな、とおもいました。

毎回いろんな症状に驚きつつ、化学物質の塊である薬は、たった1滴でも影響が強いなあとあらためて感じました。

そして、手術前後に使用する点眼薬。

先生は最低限の量で、手術後は経過を見ながら減らしてもくれましたが、どうしても使わなくてはならない部分もあり、体調の悪化をみながらの投薬でした。

肌がガサガサになり、寒気が起きるのは、もう仕方ないと思いました。
鍼治療の先生に症状を緩和してもらいながら、なんとかこの期間を乗り切ろうと思っていました。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です