化学物質過敏症で手術が必要になったら⑦

手術日が決まり、当日どのように手術を迎えるか看護師さんと話し合いました。

看護師さんは、手術の前にいる控え室の間取りを図に書いてくださり、どのあたりにいるのが影響がないか確認されました。
また、当日使うもので私が持ち込んでも良いものも確認しました。

手術日は、夫が付き添ってくれました。
受付を済ませ、タリーズで待機。

手術の30分前に控え室に入りました。
看護師さんがお一人、経過をみるためについてくださいました。

ベッドにはいつも使っているオーガニックコットンの毛布を敷きました。
点滴もするので、しばらくベッドに横にならなくてはなりません。

また、点滴の針と管を止める時は、持参した和紙のテープを使いました。
手術の際にかぶる帽子の代わりには、古いバンダナを使いました。

他にも、スリッパは自分で持参しました。
手術着は自分の服の上に、不織布でできた病院の服を着たと思います。

気分が悪くないか確認しながら、手術室へ入りました。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です