化学物質過敏症を発症してから初めて会う

東京のそよ風クリニックをたずねると同時に、夫の両親と久しぶりに会いました。
夫の実家は横浜にあります。

発症してから4年あまり、会っていませんでした。

夫の両親は、事前に化学物質過敏症のドキュメンタリー映画「いのちの林檎」をみてくれていました。
ちょうど新宿で上映することがあったようです。

洗濯物も香りがしないよう洗い直し、夫の母は化粧をせずに待っていてくれました。
けれど、実家の周囲の虫除けのにおいに反応して、私は車から降りることができませんでした。

近くに住む夫の弟一家も来てくれましたが、少し離れたところから手を振っていました。
私は車の中から挨拶するのが精一杯でした。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です