口の中にひそむ危険 化学物質過敏症と歯の治療②

2014年4月、地元福井新聞にある記事が掲載されました。

化学物質過敏症の原因のひとつ歯科治療のアマルガム

「アマルガム?」…私にも入っているんじゃないだろうか。
不安になった私は、再度診てくれる歯医者さんを探し始めました。

歯の治療をされた化学物質過敏症の患者さん2人のうち、お一人は県外の病院で治療されていました。
もうお一人は、小さい頃から通った歯医者さんにお願いして、他の患者さんがいない夜間になんとかお願いしている感じでした。
ただでさえ対応が難しい患者ですから、私も無理にお願いするわけにはいかないなあと思いました。

なんとか診てくれる歯医者さんがいないか探しましたが、方々聞いても断られ続け、ちょうど何件めかの断られた電話を切った直後に母から電話。
誰にも診てもらえないと話すと母も探してみる、とのこと。

そこからある歯医者さんに繋がり、ようやくその年の7月に診てもらうことができました。

その先生は、化学物質過敏症センターから歯の治療に関する手引書を取り寄せてくださっていました。
私が行く時は他の患者さんと重ならないようにしてくれて、窓も全開にしてくれました。

診てもらうと、私が恐れていた予感は的中し、小学生のときに治療した奥歯2本がアマルガムだとわかりました。

アマルガムという名称ですが、半分が水銀でできています。

かなり歯の治療をしていた私には、アマルガム以外も含め全部で15本もの銀歯がありました。銀歯といいつつも、メーカーや年代でその素材はばらばらだそうです。今は銀が12%らしいのですが、その他の金属に特に規定はないそうです。

私は15本の銀歯を全て外し、セラミックの歯に変える決断をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です