口の中にひそむ危険 化学物質過敏症と歯の治療③

15本の歯の治療は、通常であれば相当な時間がかかるところだと思いますが、先生と相談してなるべく短期間で取ることにしました。

というのも、悪いと思われるものから取ってみると、体調が一段一段改善したのです。

歯が体に及ぼしている影響が大きいとわかったことと、あまり長く治療にくるのも大変だという判断で、割と短期間のうちに処置をしてくれました。

また、ギリギリまで麻酔を使わずに行いましたが、どうしても使わなくてはならないところは通常の4分の1ほどで対処してもらいました。

そして、歯の治療の日は、治療が終わったらそのまま鍼の先生のところへ行きました。
麻酔の影響を鍼で取ってもらいました。また、麻酔をせずに治療した時は、どうしても力が入るので、大きな力がかかった負担を、整体で軽減してもらいました。

私はこのような治療になりましたが、患者さんのタイプによって違うと思うので、あくまで参考にしてください。

私がまだ治療ができたのは、麻酔に対してそこまで過敏な反応をしなかった、というのが大きかったです。
また、鍼治療と相性がよく、解毒の処置が効いたことも幸いしています。

患者さんによっては、タチオンで解毒をされる方もいらっしゃいます。
私はタチオンとは相性がよくなくて、使うことはありません。

患者さん自身は、何が自分に効いて、何が効きづらいか、経験値で持っているかと思います。
その材料を元に、歯医者さんと相談されると良いかと思います。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です