柔軟剤の香料成分は、食べても大丈夫なのだろうか。

最近、自家製の無農薬野菜をいただくことが増え、とてもありがたく頂いています。

野菜の強い香り、食べるとエネルギーが湧くような、つやつやした野菜です。

先日もある方に頂いて、食べるのがとても楽しみで袋を開けました。
そこで思わぬことが。

野菜から柔軟剤の香り…。
おおっとのけぞり、これはやばいと思いつつ必死で水洗い。

化学物質過敏症の私にとっては
貴重な無農薬野菜。どうしても食べたい。
何度も何度も洗って、やっとにおいがしなくなったと思って、中華鍋へ。

炒め出したら、また柔軟剤のにおい..。
無理やり食べてみるも、吐き気。ああ、もったいないと思いながら、泣く泣くあきらめました。

こういう時、なんとも言えない気持ちになります。


きっと健康のことを考えて、手間のかかる無農薬野菜を育てられている。
でも、結局化学物質を食べていることに気づかれていない。

こんなに洗っても取れないのは、マイクロカプセルと言われるものでしょうか。
香り長持ちと言われるけど、要はくっついて離れないということ。
衣類について取れないものは、ほかのものについても取れない。それが野菜であっても。

香りが持続する柔軟剤は、手でこするたびにマイクロカプセルが弾けて香りが放出されます。確かに、中華鍋で炒めても、マイクロカプセルが弾けていました。

あの香料は、食べても大丈夫なのだろうか。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です