日刊県民福井さんに防災スカーフのデザインについて取り上げていただきました

デザインした障がい者用防災スカーフについて先日投稿しましたが、昨日そのスカーフの贈呈式だったそうで、私のところにも記者の方が取材にお見えになりました。

日刊県民福井防災スカーフ記事中日新聞
日刊県民福井 2019年4月19日記事

なぜデザインの無償提供に至ったのか、どういう意図でデザインしたのか、など、とても丁寧に取材してくださいました。
私も、途中経過のデザイン画など、これまでの資料をお見せしてご説明しました。

今回は、化学物質過敏症である私がスカーフを使う当事者でもありましたので、デザインしやすかったです。

写真と同じ記事がこちらで読めます。
ぜひご一読ください。

▼中日新聞「防災スカーフ身に着けて 福井市が障害者用に配布」
https://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2019041902000228.html

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です