アレルギーなら排気をできるだけ室内に入れない

前回記事の後、建築士のYさんが見に来てくれました。
「ここ、穴が開いてるんだよ」と見せてくれたのが、温水を室内に引き込むホースの入り口。
ぱっくりと壁に穴が。カバーで気づかなかったけれど、なるほど、これでは壁の中に排気ガスが入ってくるわけだ。

ということで、②のように塞いでもらいました。

他にも、室内を換気する①を密閉テープで塞ぎ…

ボイラーに近い③はコーキングで密閉。

反対側のサッシ④は、今後も出入りができるように、はがせる密閉テープを貼りました。

ああ、頭痛も吐き気も随分改善されました。
さて、頭が働き出したので、お仕事がんばります。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です