アレルゲンを除去してのリフォームは「投資」と考える

自分が理想とする環境をつくるリフォームには、それなりの費用がかかりました。
夫は当初、これくらいかな、と予想していたようですが、最終的に、それをはるかに超える金額になっていました。

私はこのリフォームを、自分への投資だと考えていました。
元気になったら取り返すから、仕事して売上つくるから、だからさせてほしい、と思っていました。
夫は私が思うようにさせてくれました。

最終的に、そんなお金はなかったので、銀行から借りることにしました。
こんな状態でも借りられたのは、両親や会社の信用のおかげだと思います。

そして、自分で事業をやった経験が自信になっていました。

大丈夫、体が動けるようになったら、取り返せる。

このまま寝ているわけにはいかない。
仕事をしなくては。
売上がないと、社員さんにお給料が払えなくなる。
自分たちも生活ができなくなる。
だから、自分が動けるように最善を尽くそう。

という論法でした。

仕事をしてきたおかげで、時々冷静に、理性的に考えることができました。
体の具合が悪いと、マイナス思考になり、感情的になりやすく、状況は悪化します。
落ち込む時間が多く、気持ちに左右されやすい頃でしたが、お金は数字なので一瞬仕事モードの自分になりました。頭の切り替えができて、当時としては珍しくプラスの考え方ができたと思います。

大丈夫、取り返せる。

今でもピンチだと思ったとき、口にする言葉です。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です