化学物質過敏症で手術が必要になったら②

果たして手術ができるのか、と思いながら、決断が必要ということは、する前提で考えなくてはいけないと思いました。

その時思い出したのが、以前、同じ過敏症の患者さんが送ってくれた、読売新聞の記事でした。
化学物質過敏症を発症した医師が、癌になって手術が必要になり、どう乗り切ったか書かれた記事でした。

きっとなんとかなるに違いない、そう思いました。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です