化学物質過敏症で手術が必要になったら⑨

無事に手術を終え、自宅に帰りました。

手術をした右目は、術後1ヶ月はプラスティックのカバーをつけて、あまり触らないようにしなくてはなりません。
また、圧迫しないよう、帰宅後は右側を背もたれ側にしてソファに横になりました。
抱き枕も置いて、自分が右へ倒れないようにして、その日の夜もソファで寝ました。

心配そうに、猫のそらが寄って来ます。
あ、猫を飼い始めました。
そのことはまた後日書きます。

今回、多くの方にご協力いただいて、無事に手術を終えることができました。
本当にありがたかったです。
普段、化学物質過敏症を診てくれている主治医の先生も、眼科の先生へお手紙を送ってくださっていました。

術後、特に目が痒いこともなく、安定しているのを診て先生もホッとされていました。

白内障の手術と同時に、眼内レンズを入れる近眼の手術もしました。
眼内レンズはアクリル製だそうですが、特にこのことが私の体に影響している感じはありませんでした。
一度入れてしまうとどうしようもないので、ここは不安でしたが、幸いなことに今も問題ありません。

当初は不安もあったので、手術は右目だけにしました。
左目も白内障があるようですが、今のところ黒目にかかっていないので生活に支障はありません。
でも、眼科の先生から、おそらく5年以内に左目も手術が必要だろうと言われています。

次の手術のときも、今回の経験をいかして乗り切りたいと思っています。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です