化学物質過敏症の診断書をもらうまで④

神経内科の先生が出力してくださった、北里大学の資料を元に、予約の連絡を入れました。
当時は2013年5月でしたが、予約できるのは9月です、と言われました。

しかし平日はどうにも動けません。
電車や飛行機に乗ることはできないので、反応しない自分の車でいく必要がありました。
また、当時は歩くのもやっとでしたので、運転も含めて付き添いが必要でした。

そうなると夫が休みを取れる時でなくては、と思い電話口の方に相談すると

「では、宮田先生の個人のクリニックはどうですか?8月14日やってらっしゃいますよ。」

とのこと。ちょうど会社がお盆休みに入るので、夫も行くことができます。

診察日が決まったので、神経内科の先生に連絡しました。

先生は紹介状を含め、書類を送ってくださいました。

一歩前進できる。

そう思い、8月を心待ちにしていました。

※いずれも情報は2013年当時のものです。現在は診察体制、診療日など変更している可能性が高いので、事前にご確認ください。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です