化学物質過敏症の診断書をもらうまで⑤

福井から東京へ車で向かいました。

クリニックは、東京、荻窪にあります。

ちょうどお盆休み。
途中、愛知あたりで高速が渋滞しました。
すると、途端に排気ガスが車の中に充満して、息苦しくなりました。
停車している車に囲まれたからです。

車は窓を閉めていても、エアコンで外気を入れなくても、空気の通るところはそこかしこにあります。
車が沈む時は水が入ってくるのだから、空気だって入るよなあ、などと思いながら、顔をバスタオルでくるみました。

なんとか渋滞を抜けたあとも、再度同じ状態になった場所がありました。
都内に入り、環八に車が入った時です。

交通量が多いのでしょう。
「駐車場みたいな匂いがする」と言いながら、慌ててバスタオルで顔を覆いました。

福井から東京のクリニックまで、必死の思いでたどり着きました。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です