化学物質過敏症の診断書をもらうまで⑥

北里大学名誉教授で、そよ風クリニック院長 宮田幹夫先生は、化学物質過敏症の専門家です。

事前に送られてきていた問診票(かなりな項目数でした)に書き込み、紹介状と共に持参しました。

クリニックの入り口は重い扉で、中の部屋もいくつか仕切られていました。
他に患者さんと付き添いの方がおられましたが、付き添いの方から香料を感じて辛くなってきました。
看護師さんはすぐにわかるようで、その方にバスタオルを渡して、肩にかけるよう伝えていました。

その後、検査と診察が始まり、その結果や問診の内容を確認した先生が、化学物質過敏症だとおっしゃって、診断書も書いてくださいました。
診断書
すでに色々対処しているようだから、そのまま続けて、とおっしゃって、他に食事のこと、解毒のこと、運動のことなど指導してくださいました。
診察は夫も一緒に付き添って、聞いてくれました。

宮田先生はとても気さくな先生で、安心して相談できました。

診断書を手にしたとき「ああ、これで私の言っていることを信用してもらえる。」とホッとしました。

※掲載している写真の資料は、2013年当時のものです。現在は内容が変わっている場合がありますので、事前にご確認ください。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です