化学物質過敏症の車問題②

以前、化学物質過敏症の患者さん5人で集まったとき、皆さんの車もなかなか年代物でした。そういう私も、その頃乗っていた車は、どうにもならなくなるまで17年乗りました。

ダメになった後、お願いしてあった母の車を下げてもらい(母には新車を買ってもらい)、下ろしてもらった車は3年近く乗りました。

母の車も引き継ぐ時すでに10年以上経っていたので、最後の不具合は、ディーラーさんから「もう直すのはおすすめしない」と言われました。

ああ、これはもう買い換えなくてはいけないと思いました。
ただ、母の新しい車もまだ3年たたず、そして、車内のガスも抜けていません。
その車を下ろしてもらうには無理がありました。

以前、化学物質過敏症の患者さんで集まった時に車の話になり、ベイクアウト(※)という方法があると聞きました。
においを飛ばす方法のようで、確か熱をかけるか何かだった記憶があります。

ディーラーの担当者さんに私の状態と、そんな方法もあるらしいと相談したところ、以前エアコンのにおいが気になる方の車で、そのような処置をしたことがある、とのことでした。ただ、1ヶ月以上かかり、ある部屋でずっと動かしているのでガソリン代などの費用も結構かかるとのこと(前述のベイクアウトとは異なる方法かもしれません)。

「うーん、ちょっと待ってください。探してみます。」

とその担当者さんは何か思いついたのか、数日すると一台の車とともに現れました。

※車のベイクアウト
▼こちらのページに説明がありました。
http://sickcar.ts-co.biz/99_blank002.html



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“化学物質過敏症の車問題②” に2件のコメントがあります

  1. 初めまして。私も患者です。
    新車の苦労、自分の事のようです。
    オゾン脱臭を宮田先生から教えて頂きましたよ。
    ディラーでオゾン脱臭を数回してもらいました。
    一回¥5,000位だったそうです。これは前回の車なのでかなり前です。
    今の車は3年目。問題ありません。納車まではちょっと大変でした。
    納車までの事、必要でしたらまたメールします。
    私より酷そうですね。どうぞお大事に。

    1. 情報ありがとうございます。

      オゾン脱臭を私はしたことがないのですが、効果があるんですね。

      今の車もいずれ買い替える時がくるでしょうし、ダメだった時は試してみようと思います。