化学物質過敏症だけど…ペットを飼おう(1)

今から5、6年前、一番体調の悪かった2年間は人との新しい出会いが全くありませんでした

年賀状を出すころに夫から「追加する人の住所を書いて」と前年のリストを渡されるのですが、追加する人がいないのです。
やりとりした名刺も一枚もない。
リストの人数は減ることはあっても、増えませんでした。

その頃みた化学物質過敏症の患者を追ったドキュメンタリー映画「いのちの林檎」の中で、患者の女性が犬を飼っているシーンがありました。
吸える空気を求めて車で転々とし、車で寝泊まりすることもあるので防犯の面と、話せる相手がいないので寂しくないように、と説明されていました。

そのとき思ったのは、化学物質過敏症でも動物は飼えるんだ、ということ。
猫や犬のアレルギーはよく聞くのでダメかと思いますが、違うんだな、と。

ただ、映画の中でも、飼っている犬が食べたものに反応する(フンなど)ので、人間と同じものを食べさせていました。
映っていたのは、納豆を食べる犬の姿。

私もペットを飼えたらいいなあ。
その頃から漠然と思っていました。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です