化学物質過敏症だけど…ペットを飼おう(3)

3年前に実家の猫がなくなると、両親はもちろんですが、うちの子供達もショックは大きく、寂しさを感じていました。
そして私も、たまに預かるだけ、実家で相手をするだけでしたが、随分なぐさめられていたことに気づきました。

私も簡単に外出ができません。
また、以前なら何かの会合や集まりで誰かに会えば、今度ここ行かない?とか、こんなイベントがあるよ、とか、誘いは続くものでした。
でも、今は相手も遠慮するし、常に自分から準備して声をかけないとなかなか成立しないので、自分の体調もみながら調整すると、年に数回人と会えればいい、という状態でした。

そして、気づけば、子供達も大きくなっていました。
長男は成人し、社会人になり、次男は高校生で部活漬け。週末は遠征も多く、母親として手を取られる時間も減って来ました。

そうか、こういうタイミングでみんなペットを飼うんだな。

実家の両親は、自分たちの年齢を考えると最後までみれるかわからないから、もうペットは飼わない、と言っていました。

私が猫を飼おうかな…そう思うようになっていました。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です