化学物質過敏症だけど…ペットを飼おう(11)

猫のごはんで栄養のベースとなるカリカリの他に、夜はささみをゆでてあげています。

詳しい知識がある訳ではありませんが、ささみなら化学物質過敏症の自分が問題なくあげられる、と思っていたので、小さい時期から与えていました。

そらはささみが好きなようで、まとめて茹でて細かくさき、息子たちが小さい時に使った離乳食用のパックに入れて冷凍しています。
私が不在や体調の悪いときでも家族が解凍して与えています。

栄養的にはそんなにある訳でもないですし、正しいかどうかわかりませんが、カリカリだけでは飽きた時に他のものもあるといいかも、という程度で考えています。

茹で汁はそのまま家族のスープにしたり、お好み焼きの水の代わりに使ったりしています。
ささみはお買い得な日にまとめ買い。
わりと楽しんで作っています。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“化学物質過敏症だけど…ペットを飼おう(11)” に2件のコメントがあります

  1. こんにちは。
    化学物質過敏症について調べていたらたどり着き、「診断書をもらうまで①」 からこちらの記事まで一気読みしてしまいました。
    参考になりました。ありがとうございます。

    うちにも猫がいます。
    私の場合は逆で「ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん」という本を買ってから、子猫を引き取ったので、うちの子はずっと手作りご飯でした。
    トイレから臭いもほとんど無いです。(香料系の匂いはゼロ、生理的な臭いが少々)
    猫の必須栄養素とそれを含む食材などが載ってて、読んでいて&ご飯をあげてて安心できたので、もし参考になればとご紹介させていただきました。
    (お節介しました。m(._.*)mペコッ)

    1. おおお、そんな本があるんですね。

      検索してみました。
      うわ、ねこのご飯に関する本が色々ある…。

      猫に必要な栄養素ってなんだろうって思っていたので、ちょっと調べて買ってみます。
      情報ありがとうございます!