ドキュメンタリー映画「カナリアからのメッセージ〜化学物質過敏症のない未来へ〜」

ドキュメンタリー映画「カナリアからのメッセージ〜化学物質過敏症のない未来へ〜」のダイジェスト版(5分間)が、シャボン玉石けんさんのホームページに掲載されています。

この5分の動画に、みなさんやご家族が化学物質過敏症にならないための方法が、わかりやすくまとめられています。

発症は突然おこります。
それは、花粉症と同じで、こないだまでなんともなかったのに、という状況です。

まだ化学物質過敏症になっていないみなさんが発症しないために有効なのは、普段取り込んでいる化学物質を減らすことです。

私はこの10年、電車も飛行機も乗れず、行きたいところに行けず、会いたいひとに会えず、好きなものが食べられず、やりたいスポーツができず、着たい服も着れない生活です。

そして、こういうひとが、私が発症した10年前よりずいぶん増えています。
誰にでも可能性があります。私も自分の人生にこんなことが起きるなんて、想像もしていませんでした。

周囲の人から「じゃあどうしたらいいの?」と聞かれても、その都度思いつくことを細切れでしか伝えられませんでした。
でも、この動画なら全体像がわかると思います。

ぜひ一度ご覧ください。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“ドキュメンタリー映画「カナリアからのメッセージ〜化学物質過敏症のない未来へ〜」” に2件のコメントがあります

  1. こんばんは、今日お店のお客様からカナリアという映画を紹介していただき、検索していたら、このサイトにいきました。私も化学物質過敏症で2ヶ月に一度は、原因不明の頭痛と倦怠感で三日間、食べることも起きることもできない状態でした。たくさんの病院にも行きましたが、とりあえず痛み止めの注射をするだけで、原因不明でした。
    2年前に、素粒水の浄水器をすすめられ、それを飲んで浴びているうちに、その症状は出なくなりました。多分、水に含まれる化学物質に反応していたのかなと思います。
    また、数ヶ月にエンヨーという、オーストリア生まれの、洗剤や石鹸を必要としないクロスと出会いうちから洗剤や石けんがかなり少なくなりました。私は若い頃甲状腺ホルモンの病気で、甲状腺ホルモンの半分を切除したので、人より環境ホルモンの耐性が無いようで、タバコの煙はてきめんです。御サイトで化学物質過敏症の危険さを多くの人見てほしいと思いました。ありがとうございます。

    1. ご自分で色々試されたんですね。
      化学物質過敏症は人によって症状も反応するものも、重症度も変わるので、自分が何に反応しやすいのか自分で確認するしかない面がありますよね。

      私の症状も皆さんに当てはまるとは限りませんが、他の患者さんの参考になったり、まだ発症していない方の予防につながれば嬉しいです。