LEDの光が苦手です。改修した工場につける明かりに困り…

数年前、本社工場を改修した際に省エネを考えてLEDの蛍光灯にかえました。

そのことを知らずに改修後の工場に入った私。
明かりがピャーっと放射状に流れ、目を開けていられませんでした。

LEDの照明は目がキュッと痛くなることがあります。
体調が上向いた今はコンビニに入ることができますが、状態が悪い時はコンビニのにおいだけでなく、照明が耐えられなくて入れませんでした。

同じように、大型の電気店など、蛍光灯がたくさんついているところも苦手でした。
1階が駐車場でそこに全てLED蛍光灯がついていると、走行中の車から目にしても思わず「うわっ」と目を閉じてしまう状態でした。

結局、会社の工場は元の蛍光灯に取り替えてもらいました。

そのことを覚えていた電気工事の方が、今回の縫製工場の電気工事でも

LEDはあかんのやろ。普通の蛍光灯にしよか。」

と言ってくれていました。

それなのに、ついに恐れていたことが。

「どうしよ、主要メーカー全部生産中止したって」と。

普通の蛍光灯を取り付ける土台の器具が昨年で生産中止。
蛍光灯も国内に在庫しているのみ。
予想はしていたけれど、今後なくなることが決定。

「蛍光灯は買っておいたんだけどな」と夫。

先日スタッフと計算して、社内で使う4〜5年分の蛍光灯を購入してくれていました。

社内でも私が出入りする部屋のみ従来の蛍光灯なのですが(それ以外はLED)30本を備蓄。

「4、5年のうちに次の手を考えようと思ってたんだけど」と夫。

でも、おかげで蛍光灯はなんとかなりそう。
土台、どうするかなあ、と考えつつ別の会議開始。

ふと天井を見ると…(つづく)



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“LEDの光が苦手です。改修した工場につける明かりに困り…” に2件のコメントがあります

  1.  メーカーは生産中止でも市場には在庫がある可能性があります。
    メーカーの「オーデリック」で検索するとありそうです。
     一昨年の秋は20Wの3本並び、4本並び、5本並びがありました。電気屋さん数件に当たってみてはどうでしょう。
     LEDの青が問題です。白を作るのには青も入っているので白も結構きつめに当たります。
    LEDでは黄色っぽいものは少しはマシですが・・・。
    以上

    1. 松井さん、コメントありがとうございます。

      このあとのブログで書きますが、最終的には電気屋さんが見つけてくれました。

      LEDの何が辛いのか自分ではよくわかっていないのですが、電球色はちょっとマシなんです。
      松井さんの仰るように、黄色っぽいものは少しマシ、というのは、体感的にありますね。

      自宅なら電球色でもいいのですが、作業場だと製品の色の見え方が変わるので、蛍光灯を見つけないとなあって思っていました。

      蛍光灯も無くなってしまったら、アリババなどで探そうかと思っています(笑)