化学物質過敏症と電磁波過敏症、そしてスマートウォッチ。

ネットショップを運営していることもあり、新しいデバイスを知らないとお客様の便利さに気づけなくなるので、なるべく体験するようにしています。

先日時計がなくなってしまったので、良い機会だとApple Watchを購入。

・・・一抹の不安はありました。

「え、つけられるの?だめなんじゃない?」

と、友人さえも予想。

友人が心配したとおり、つけるとキュっと頭のこめかみあたりが締めつけられました。歯もちょっとイリイリ?しました。

電磁波過敏症ではない、と自分では言い張ってるけど、多少は感じるようです。

それでも(←あきらめない)散歩に行くときにつけて歩いてみました。
すると、いつもと同じルートなのに、体がしんどい
おかしいなあ、ひょっとしてApple Watchかなあ、と外して代わりに夫につけてもらいました。

外して歩くと、あ、いつもの通り、普通に歩けます。

なるべく普段から電磁波やWi-Fiを気にしなくては、と思っていますが、症状が軽いと油断します。
化学物質過敏症患者の半数が、電磁波過敏症を発症すると言われています。

今回、自分にも影響があることを体験して、症状が重くならないように気をつけなければ、と思いました。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です