化学物質過敏症である私の、ご飯の炊き方と保温方法

炊いたごはんをいれる、保温ジャーが壊れました。

我が家では炊飯器を使っていません。
内釜のフッ素加工の臭いがお米にうつり、私が反応してしまうからです。

お米はガス台で三合炊きのHARIO(耐熱ガラスのご飯釜)か、五合炊きのかまどさん(という商品名の土鍋)で炊いています。

(左)かまどさん (右)HARIO 耐熱ガラスのご飯釜


欲しい量に合わせて炊いたあと、保温ジャーにうつして保温。

ところが、このタイガーの保温ジャー、元は両親が使っていたのをもらったのでこれまで問題なかったのですが、新品はこちらも内釜の臭いがします。

そこで、内釜だけ古いものを使用し、保温器を新しくしました。
内釜はいずれ使えるように、夏になったら天日干し。自然のベイクアウトで臭いを抜きます。

同じ機種があって本当によかった。多分、寮やレストランで使うやつだから、定番品なんだろうな。

普段はため買いしない我が家ですが、夫が「もう一個買っておいたら?」と。
毎日のご飯のことだから、予備も必要かもしれません。

▼ご飯釜2種と保温ジャーが買えるところ

HARIOは、我が家のガス台で3合炊きで13分、かまどさんの5合炊きが17分です。炊いた後はご飯が落ち着くまで蒸らします。

プラスチック部品や、ガラス、土鍋の中蓋が割れたこともありますが、部品売りがされているので、全てを買い換える必要はありません。

調べたところ、かまどさんの5合炊きはAmazonで見当たらず、楽天にありましたので、そちらのリンクをつけておきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長谷園 かまどさん 五合炊き 伊賀焼【送料無料/CT-50】
価格:15400円(税込、送料無料) (2019/12/11時点)




たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です