化学物質過敏症を発症してからも、仕事を続けられているのは…

零細な会社ながら経営に関わっていると、どうしても会って話をしなくてはならない方がいます。
税理士さんや社会保険労務士さん、銀行の方などは、スタッフがかわりに話すわけにはいかない方達です。

化学物質過敏症を発症する前からお世話になっている税理士さんや労務士さんは、私のこれまでの経過もご存知で、私が反応しないように香料のする洗剤や整髪料などはつけずに打ち合わせに来てくださいます。

ただ、銀行の担当者さんや、会計事務所のスタッフさんは、時々人が変わります。
そんな時、お願いしている会計事務所さんは、私が反応する人かどうかを確かめにスタッフさんを連れて来てくださいます

本当に申し訳ないのですが、私が反応してしまった方もいて、違う方にしてもらって大丈夫だった、ということもあります。

また、この春から変わった銀行の担当者さんは女性の方なのですが、最初に電話で私の状態をお伝えしたところ

「わかりました。どのようなことに気をつければよろしいでしょうか?」

と聞いてくださいました。
真っ先にそのように聞かれたことがなく、密かに感動していました。

その担当者さんは、私に会うときは化粧を落として、整髪料などはつけずに来てくださいます。
若い女性が、化粧を落としてくるのはなかなかなことだと思うので、本当にありがたく思っています。

みなさんに助けてもらいながら、自分の仕事を続けられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です