体が許容する範囲で、家電を利用する

家電の利用については、患者さんによって様々な考え方、体調の違いがあると思いますので、あくまで私の場合です。

新事業の工事やらなにやらで、自分の仕事量が増えています。
使える建材など自分の体で実験しているので、ダメージをうける日もあります。

先々週、疲弊して夜どうにも動けない日が2日ほどあり、家事が辛く、何か工夫できないか…と考えました。

家政学の調査で「全国友の会」が行った「生活時間調べ」によれば、1日の家事時間は5時間で、そのうち食べることに関しては2時間だったそうです。

洗濯や掃除は一日伸ばせても、食事は1日3回します。
この2時間をもっと短くしたら、体の負担が減るなあと思いました。

もともと料理は好きな方です。仕事が終わって30分で夕飯ができるよう、モノの置き場や動線、買い物術など最適化してきました。
家に来た友人からは「料理を作るときの(私の)動きがめっちゃ早い」と言われました。なので、これ以上、工夫のしようがない気がしました。

そこで、シャープの水なし自動調理鍋ホットクックを購入しました。

圧力鍋もル・クルーゼもレミパンも使ってきました。
でも、それらとは、どうやらフェーズが違います。

長年の家事術努力をあっさり覆すホットクック。

野菜を切って調味料を入れる。この間、5分か10分。
スイッチを入れて、出来上がりをまつだけ。

調理中も火を気にせず、完全に頭から外せます。
そのことも、こんなに楽だなんて。

(左)ポトフの材料を入れたところ
(右)出来上がったもの

そして、できた料理が美味しい。
料理は科学なんだ、と実感する美味しさ。
ポトフのお肉の柔らかさなんて「手間ひまかけようが、スイッチぽんだろうが、変わらないんだ、いや、なんなら上だ」と思いました。
(料理人は違うでしょうが、日常の家事で。)

メンテナンスも楽で、洗う部品は4つ(煮る場合)。
ガス台も汚れず、掃除の手間が減ります。

鶏肉の手羽と大根の煮物

化学物質過敏症だと、外食がままなりません。
スーパーでお弁当を買う、ということもできません。

基本的に、無農薬の野菜と安全な調味料で作る食事が必要です。

すごく疲れて、ああ、もう今日はご飯作りたくない…と思っても、代替案が少ないのです。

全く料理ができなかった夫は、私が発症してからはご飯を炊くこと、お味噌汁を作ること、卵を焼くこと、何かを炒めること、はできるように。

でも、煮物などの味付けが苦手なよう。
炒め物も、カット野菜と調味料がセットになったものは作れます。
その場合、夫と息子達は食べられるけど、私が食べられません。

ホットクックに野菜を切って、調味料を入れて、スイッチぽん。
夫も息子も興味深々、これならやれそうとのこと。

いつもの無農薬野菜と調味料を使うので、私も食べられます。
ご飯は夫や息子が炊けるし、冷凍もしておけます。

私が倒れたときでも自分のご飯が確保できる、と思ったら、気持ち的にとても楽になりました

唯一、気になっていたのが化学物質過敏症ゆえの家電の反応。

幸い、釜がステンレスでテフロンではなかったので、においはなく、できた料理にうつることもありませんでした。

ただ、一部、プラスチックの部品からガスが揮発して苦しい状態に。
調理中はそばにいなくていいので、換気扇をつけて、台所から離れました。
熱を使うので、通常より早く抜けるのではと予想しています。

最新のホットクックはWi-Fiにも繋がります。
電磁波過敏症の方は気を付ける点かもしれません。

私は電磁波に関しては、ワイヤレスイヤホン、アップルウォッチが使えない程度です。

化学物質過敏症は、日々化学物質のストレスを受けています。
できるだけ無理をしない、自分を楽にすることを心がけています。

そして、睡眠時間を確保します。
休めば回復もしやすくなります。
自分が利用できるものは利用して、日々体調の安定につなげたいと思っています。

▼私は貯まっていた楽天ポイントを使ったので楽天で購入しました。人気なのか、発送まで1週間ほどかかりました。




たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です