電磁波に軽く反応する私がAmazon Echoアレクサを使ってみました。

化学物質過敏症患者の半数が、電磁波過敏症を発症すると言われています。

私の電磁波に対する反応は、なくはない、といった程度です。
PCやスマホは使えています。

私が使えない機器は、ワイヤレスイヤホンとApple Watch、強めのWi-Fiです。

そこに最近追加されたのが、
Amazon Echoアレクサ

ホットクック(前記事)のWi-Fi機能が大丈夫だったので、家の中のIT化を進めようと購入。

ところが、電源を入れた途端「これ、ダメかも」と思いました。画面上で設定する指も震え、喉のあたりが詰まるようで息苦しくなります。

画面に電磁波遮断シールなるものを貼ってみましたが、私の反応にぼぼ変化はありません。

それならアルミだ、と機器を覆ってみたら、私の体は楽になりました。
でも、アレクサが返事をしなくなりました(そりゃそうだ)。

ということで、電磁波の影響と、アレクサの反応ギリギリをせめたら、写真の状態に。

四苦八苦している私をみた夫が苦笑気味に
「そこまでして使わないでよ」と一言。

ごもっとも。

そして、アレクサが反応しない動画をSNSにアップしたら
「うちのアレクサが反応しました」というコメントが(笑)。

失礼しました。

スタートレックの世界が実現すると思ったのになあ。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です