縫製する工場の壁について検討する(2)

前記事の続きです。

壁の材料について再考していると、建築士のYさんが

「あ、紙の貼ってあるボードがあるわ。あれ使おうか。」

ということで、サンプルをもらいました。

私が確認。

『あ、これならもう抜けているし、紙だから表面も大丈夫そう』

色は明るいものを選びました。
壁の一部を利用して、簡単な商品撮影もしたいと思っていたからです。

届いたのはこのようなパネルになったボード。

次々に運ばれてきて…

このようになりました。

明るい空間になってよかったです。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です