活性炭入りフィルターとガーゼフィルター

化学物質過敏症患者(以下CS患者)さんで、マスクに活性炭入りフィルター(シート)を使われる方がいらっしゃいます。

炭には小さな穴があり、臭いを吸着します。無数の穴で表面積を大きくして、吸着効果を高めたのが活性炭です。活性炭フィルターが入ったマスクを使うCS患者さんもいます。

ちなみに私、横山は活性炭フィルターを使っていません。炭の吸着効果は感じますが、フィルターに使われる不織布や接着剤、繊維に反応することが多く、なかなか自分が合うものに出会えませんでした。個人差ですね。

フィルターのつくりも、糸に炭を織り込んで生地にしたもの、粒状の炭を貼り付けたものなど様々です。形状もティッシュ状でやわらかく畳めるものやシート状で好きな大きさにカットするもの、マスクと一体型になったものなどがあります。

活性炭シートの例。柔らかいもの(左)は畳むこともできる。
しっかりしたシート(右)はハサミでカットして使う。
マスクと一体型になった活性炭マスクは作業用としてホームセンターなどで見かける。

活性炭は洗えないので使い捨てです。それならマスク型よりフィルター交換の方が経済的。口元に活性炭フィルターがあればいいわけですから、必要な面積のシートで済むよう、waccaではマスクにポケットをつけました。

フィルターは下から入れます。
上にポケット口をつけると鼻の周囲がパカパカして美しくないので下開きです。
ワッカのマスクはアゴ(下)にもワイヤーがあるのでフィルターは出てきません。

ただ、使い捨てなのでフィルターは使ったらなくなっていきます。次を買おうとしたら在庫がない、廃盤だ、というのは、CS患者さんがよく体験する場面です。

そこで「なくなる不安」そのものを解消したい、そして私のように活性炭フィルターが苦手な患者さんも使えるフィルターが欲しいと思い、洗って繰り返し使える『ガーゼフィルター』を考案しました。

ワッカのマスクと同じ生地で作ったフィルター(右)
Sサイズのマスクには折って、MとLサイズのマスクは折らずにそのまま入れられます。

CS患者さんの事情は多岐にわたり、個人差が大きいので、なかなか自分にあった商品を見つけるのが難しいですね。

一歩ずつですが、CS患者さんの事情を改善できて、生活がちょっと楽になる製品を作り続けたいと思っています。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です