Kindle本を朗読しています

今年6月に「化学物質に過敏なあなたへ」という本をKindleで出版しました。

その後、いただく感想やコメントで気になっていることが。


・電磁波過敏症の人がKindle本を読めない
・紙で読みたいという声がある
・一般の人でもKindle本に慣れていない、アプリをいれていない人がいる


Kindleは電子版と同時に紙の出版もできるのですが、通常の小部数印刷(オンデマンド本)の本はカナリアンさんがインクや紙に反応すると思って出しませんでした。

そちらは植物性のインクと安心な紙で刷りたいと思って、印刷会社さんを探していました。

先日iColor(アイカラー)という印刷会社さんが丁寧に答えてくれて

『一般的な植物油インクでも石油系の揮発性有機化合物を含んでいることがあるので、そうした化合物を含まない「ノンVOCインク」を使用し、紙も無塩素漂白のエコパルプを使用した用紙にします』

とお返事が。

それはありがたい、と思って見積もりをお願いしたら、やはりなかなかなお値段。わかっていたけど。


一冊を手頃な値段にするには部数千単位の発注が必要。これを発送まですると、かなり手間と時間もかかる。

どうしたものかと思っていたら「なおくま(私のこと)が読んでYouTubeあげたら」と素敵なアドバイスをいただきました。

「それ、お金もかからないし、みんなに届くのも早い、無料で提供できる、めちゃいいじゃん!」と思った私。

その時、先日撮った動画をみてくれたミュージシャンの方から、音が気になるって言われたことを思い出しました。

マイク買わねば、と(使わずに撮ってたんかい)。

iPhoneの充電部分に受信機を差し込むだけ。
ピンマイクは服を挟んで固定できる。


タイミングよくブラックフライデー。
ワイヤレスピンマイクが二千円。

いやー、便利。
動画撮影もコレ使います。


地道に読んでおります。
プロの朗読ではないのでどうかと思ったけど、私のエネルギーを届けるつもりで読んでます。


読みたかった方、少々お待ちください。
絶賛録音中です(笑)。
完成したらお知らせしますね。

『大丈夫、きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)