【御礼】能登半島地震・二次避難先の情報拡散について

前記事をたくさんの方がブログやX、Facebook、Instagramなどでシェア・拡散してくださいました。

また、石川県へ支援に入っている団体へ情報を繋いでくださった方、アレルギー食の支援を申し出てくださった企業様の情報もいただきました。

本当にありがとうございます。

私が把握させて頂いているのは一部かもしれませんが

▼カナリア・ネットワーク全国 さん
https://canary-network.org/news/notojishin/

▼- 心地よいを引き寄せる-MSCの選択 by 野崎てい子 さん(インスタも)
https://ameblo.jp/herbsenka-hazuki/entry-12836388208.html

▼えひめCS・ES患者の会 さん
http://mixhanabi.blog106.fc2.com/blog-entry-279.html?sp

▼食愛カフェMina*Hana〜皆花〜 さん
https://twitter.com/Cafe3787

シェアしていただきありがとうございます。
(他にもしてくださった方、いらしたらコメントください)


Facebookでシェアしてくださった方も、ありがとうございます。

他にもたくさんのリポスト、コメント、いいね、してくださった皆さんが。
ありがとうございます。

多くの方がつないでくださったおかげで、被災されたカナリアンさん数名からお問合せをいただきました。

11日に記事を掲載して以来、カナリアンさんたちとやりとりすることが続きました。
ご事情に合わせて、別の施設につなげたり、相談継続中のケースもあります。

また、記事のお礼をとわざわざ電話をくださった被災地のカナリアンさんもいらっしゃいました。

私からもみなさんに重ねて御礼申し上げます。


先日、農家民宿まつぼっくりの松井さんが弊社を訪ねてくださった際、色々状況をお聞きしました。
二次避難先としてまだお受けできるそうです。

復興まで時間がかかることですし、一旦避難をして体調を整えられるのも今後のことを考える上で有効かと思います。

被災されてお困りのカナリアンさん、どうぞお問いあわせください。

↓参考に前記事はコチラです。

『大丈夫、きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)