化学物質過敏症の車問題③

「こちらの車、どうですか?」

その車は、母が買った車と同じ車種で同じ年式のものでした。
ただ、サービスカーとして使われていたので、天日の下で雨ざらしでいた、とのこと。

乗ってみると、いろんな方が乗った洗剤などの香料はありましたが、機器類からのガスは抜けていました。
母の車はまだ乗れなかったので、車庫に入った状態と、お日様の元にあった車がこんなに違うのかと驚きました。

「これならいけそうです!」

と返答し、ディーラーさんも洗剤は使わず高圧洗浄機で水だけでシートを洗ってくださり、車内も水拭きで清掃してくれました。

担当者さんも「私たちも色々な対応をしていかないと、と思いまして」と、とても親身になって考えてくださいました。
本当にありがたかったです。

まだ新しい車なので、このあとしばらくは車の心配をせずに乗ることができそうです。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です