私(母)が化学物質過敏症で、息子が怪我、入院に③

次男の手術当日、夫と私の母が付き添ってくれました。

手術が終わる予定の時刻を過ぎてもなかなか出てこないようで、自宅にいながらもどかしく、不安になっていました。

それでも無事に終わったようで「病室に戻ってきた」と夫からラインが入った時は、心底ホッとしました。
そばにいれば状況もわかるのですが、病院にはいれないので仕方のないことでした。

次男の怪我で病院になかなかはいれない自分を再認識し、自分が怪我をしたら大変だな、と思いました。
化学物質過敏症は、事故にあっても救急車に乗ることや、手術をするのが難しいことも考えられる病気です。

気をつけてもどうしようもないことはありますが、それでもあまり大きな怪我はしないよう普段から注意しなくては、と思いました。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です