化学物質過敏症だけど…ペットを飼おう(7)

受け取った子猫をキャリーバックに入れ、車で自宅へ向かいました。
しばらくして、車内で何かに反応している自分がいました。

あれ、何だろう…

自宅に着いて、キャリーバッグから子猫を出すと、さらに反応は強くなりました。

知らない所に連れて来られた子猫は、バッグから飛び出ると棚の隅で小さくなっていました。
近づいてみると、薬のにおいがしました。
ノミ取りです。

福井犬・猫の会の方に聞いてみると、首の後ろにノミ取りの薬剤が処置されている、とのこと。
3日はそのままでいないと効果がないそうです。

猫につけられたノミ取り剤は、私には辛いものでしたが、猫の体を洗ったら変わるかもしれない、と、3日をゆびおり数えて過ごしました。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です