化学物質過敏症だけど…ペットを飼おう(9)

母猫から離された子猫は、不安で落ち着かない様子でした。
最初の晩は切ない声をだして母猫を探しまわりました。

抱いてやると少し落ち着くようでしたが、私はノミ取り薬に反応してしまうので、子猫をタオルでくるんで抱いていました。

私の側で息子が抱く時も、タオルでくるんでいました(写真ははだけていますが…)

そしてようやく3日がすぎ、子猫を洗うことができました。

結果、私の反応は随分楽になりました。
でも、まだ反応している感じがあったので、数日後、また洗いました
そこでようやく反応も消え、あ、大丈夫かも、と思えました。

ちょうど、トライアルの1週間がすぎました。
福井犬・猫の会の方から「どうされますか?」と連絡がありました。

「このまま飼わせていただきます」
無事に家族になることができました。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です