「子どもの頭痛外来ができた」というニュースをみて感じたこと

お昼のニュースで目にしました。
済生会病院に子どもの頭痛外来ができて、この2年で100人以上が訪れたそうです。
中には生活に支障がでるほどの子もいるとか。

▼こちらからニュース動画が見られます
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukui/20190617/3050002330.html

色々原因はあるだろうけど、私も化学物質過敏症を発症する前、とても頭(首も含めて)が痛かった覚えがあります。

今も化学物質に曝露すると、こめかみ、耳の後ろ、後頭部が痛くなったりこわばったりします
ちょっと動いただけででズキンとして、それが3日続くことも。

薬が飲めないので我慢することに慣れましたが、普通は頭痛薬を飲まないと驚く痛さだと思います。

あれだけ柔軟剤や香料=化学物質の中で生活していると、頭痛もするだろうなあ…。

小学校で保護者の持ち回りだった、朝の旗持ちを思い出します。
横断歩道を渡る子供たちから何種類ものにおいがしました。

高学年の女子になるほど、強くて複雑(数種類)なにおいをまとってました。

もちろん、いろんな要因があると思うので、ニュースで言っていたように投薬治療も必要でしょうが、香料で頭痛がすることはよくあるので、柔軟剤や香りつきの商品をやめてみるのも良いかと思います。

それで楽になるかたは、香りだけでなく、いろんな商品を見直されると良いかもしれません。
以前書きましたが、香りのないジェルボール洗剤でも具合が悪くなります
目に見えなくても、においがしなくても、化学物質は身の回りにたくさんあるのです。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です