お中元で送られる洗剤でアレルギー反応がおこる

この時期、注意していることがあります。

それはお中元の品。

以前、たまたま玄関近くにいたこともあり、お届けものですと箱を渡されました。
持った瞬間、両腕に鳥肌がたち、ふわっと嗅いでしまった匂いでくらっときました。

いけない!と思った瞬間、腰が砕けて、玄関先に座り込んでしまいました。

急に曝露したのでそこから逃げ出すことができず、這うように玄関から廊下へ。
通りがかった社員さんが気づき「どうしたの?」と声をかけてくれましたが、もうすでにろれつが回らず、言葉が出ません

社内にいる夫を呼んでもらい、指差した箱を玄関の外へ出してもらいました。

中身は洗濯用洗剤と柔軟剤のセットでした。
うちの社員さんには香りのある柔軟剤やジェルボールは使わないようお願いしているので、あげるわけにもいきません。
母に取りに来てもらい母の友人へと渡りました。

それからは用心して、直接手渡しで荷物を受け取ることはせず、宅配の方には「そこに置いてください」とお願いしています。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です