種類豊富な無農薬野菜をいただく幸せ

友達が、無農薬野菜を育てている山梨の農家さんにお願いして、3回もお野菜を送ってくれました。

なくなった頃に次の荷物が届くので、冷蔵庫にお野菜がたくさんある幸せな毎日。

無農薬野菜と化学物質過敏症

ルバーブは初めての野菜。ジャムにしてみよう。
カブはぬか漬けにしたり、三杯酢で食べたり。

いろんな種類のお芋は味がそれぞれ違って楽しかったです。
無農薬野菜で種類が豊富って、本当に嬉しい。

友達はうちに遊びにきたとき、私が新事業の準備をしてるのを知って、応援してくれました。
その気持ちがお野菜と共に届きました。
とても心強いです。

ありがとう。
おかげで乗り切れたよ。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“種類豊富な無農薬野菜をいただく幸せ” に2件のコメントがあります

  1. 初めまして。
    突然すみません。
    数年前に、軽度とは言われましたが、化学物質過敏症を発症した者です。
    初診時は、市内の専門医へ行き、治療のための指導を受け、発症時よりは良くなりましたが、
    その後は家庭の事情等でその専門医へは行けてません。

    大阪です。化学物質過敏症の専門医が、近くにいてほしいのですが、
    遠方なのと、個性の強いDrなため、行けなくなりました。

    症状も一進一退です。
    大阪は、支援センター等は東京にしかなく、大阪には無く、関西では頼るところがないです。

    このメールが何かのつながりになってほしいなぁと思い、書かせていただきました。

    1. 杉岡さま

      私もわかりませんが、そうした情報は化学物質過敏症患者さんが集まる場で聞くと良いのかも、と思いました。

      例えば、LINEオープンチャットで「全国を繋ぐ化学物質過敏症情報交換所」というグループがあります。
      患者さんや、ご家族が参加されて情報交換されているようです。

      運営の方のルールをお読みいただいて、こうした場に参加されるのも一つの方法かと思いました。