スーパーでお肉を買ったら柔軟剤の香りがしました(1)

生協はスーパーのなかでも、私が一番入りやすい環境です。

私の場合ですが、ほかのスーパーですと、魚売り場には全く近づけない(消毒が強い)店や、野菜売り場からの農薬が濃い店、ペット用品の棚からすごい物質が発される(?)店など、入りづらい店がたくさんあります。

お菓子売り場でも、化学物質の濃度が違います。香料や添加物の多い商品がたくさんあるところは濃く、そうでない商品も置いているところは濃度が薄いです。

その、いつもの生協で買った豚バラのパック。
先日開けたら柔軟剤のかおりで、うっと吐き気がしました。

(ラップに包丁を入れた段階で柔軟剤の香りがふわっとしました)

念のため家族にも確認してもらうと「においするね」と。
化学物質の少ない環境にいると、健常者でもわかるようです。

今までこのような経験はなかったので、パック作業をする人が洗剤を変えたのか、新しい人が入ったのか…。

とにかく他のスーパーに行けない私にとっては死活問題なので、今度生協に行ったらお願いしてみようと思います(②へ続く)。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です