化学物質過敏症で行く家族旅行


おそらく4、5年ぶりの家族旅行へ。

前記事で予約した、石川県加賀市の「古民家の宿 忠兵衛」へ向かいました。

宿の室内はこんな感じ

昭和24年に建てられた古民家を移築、改修された建物は、家族四人で泊まるには十分すぎるほどの広さでした。



床は松の木で柿渋が塗られています。
浴槽は青森ヒバ、壁板はヒノキで、漆が塗られています。

ご主人は元は山中塗の職人さんだったそうです。

なので、食事をするお蕎麦やさんの建物も、天井に漆が塗られていたり(確かお祖父様がされたとお聞きした気が)、今となっては貴重な仕様を見ることができました。

部屋の囲炉裏を使うことはありませんでした。
後に出てくる食事で使われた囲炉裏は、隣のお蕎麦屋さんの囲炉裏です。

階段を登ると小さな部屋があり、そこは畳敷きになっていて布団が用意されています。家族はその布団を使用し、私は自分の布団を持参してそこにひいて寝ました。

宿泊したのは5月のゴールデンウィークでしたので、ストーブを使うことはありませんでしたが、暖房は薪ストーブ(もう一棟は確かペレットストーブだった気がします)が用意されています。

縁側からテラスに出ることもでき、ここでゆっくり本を読みました。

後ろの山の斜面は手入れされていて、ツリーハウスもあった記憶があります。

ちなみに、写真はありませんが、小さなキッチンもついていました。
食事に制限がある方は、自炊もできるかと思います。

外の様子、子供の遊び場

すぐ近くに小川が流れていて、そこで子供達は夫と釣りをして遊んでいました。

空気もよく、めいいっぱい深呼吸できて体も楽になる感じでした。

違う場所で子供の様子を見るのも久しぶりで、楽しそうな様子にホッとしました。

周囲はずっと山に囲まれています。
翌朝、夫が散歩に行く、というので、ついて行きました。

普段は洗濯物の香料や排気ガスなどで近所を散歩することもできなかったので、外を歩くのも久しぶりでした。

ところが、300mほど歩いただけで「これは無理」と引き返しました。
あまりに体力が落ちていて、たった数百メートルも歩けなかったのです。

当時、自分が反応しない安全な場所はリフォームをした自宅くらいでした。
ほぼ家の中で過ごしていたため、自分の体力のなさに気づいておらず、愕然としました。

宿の食事

夕食は、隣の「そば工房 権兵衛」さんでいただきました。

日中お蕎麦を提供するお部屋ではなく、囲炉裏のあるお部屋でした。

地元で採れたお野菜やお魚を、炭火で焼いていただきました。

とても美味しく、料理を提供してもらいながら宿の方とも色々お話ができました。

思えば、新しい人との出会いが極端に少なくなっていた私。
何気ないおしゃべりができていることに、密かに感動していました。

私が化学物質過敏症という症状で薬が使えないことや、アトピー性皮膚炎で長年使ったステロイドを離脱したものの、まだ皮膚の状態がよくないことを話していると、近くにすむ方でお子さんのために自然の植物で皮膚につけられるものを作っている方がいるとおっしゃって、ご近所だからとその方を呼んでくださいました。

そしていただいたのがこちら。
肌が荒れた時や、火傷や切り傷をした時などに使いました。

当時も今も、紫雲膏くらいしか使えないので、軽い症状には役立ちました。

こうした出会いがとても新鮮で、また懐かしく、ああ、もっといろんな人と会いたいなあと思いました。

翌日の朝食はこちらです。

どれも安心して食べられ、とても美味しかったです。
そして、前回来た時同様、お米の美味しさが素晴らしく…

このお釜で炊いているなら、なおさら美味しいですね。

たくさん食べてしまいました。(写真はすでに減っている状態)

一泊二日の旅行でしたが、とても刺激になりました。
そして、もっと回復したい、動けるようになりたい、いろんなところへ行って、いろんな人と会いたい、と思うようになりました。

リンク先

▼古民家の宿 忠兵衛

https://hyaku-warai.jp/staying/chubei/index.html

▼そば工房 権兵衛

https://hyaku-warai.jp/food/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です