映画館で映画がみられる喜び。

お正月休み中、なんとかしてスターウォーズを映画館で見たかったので、「明日から仕事」という人が多いであろう1月5日(日)の最終時間なら人がいないのでは?と予想。

大当たりでした。

後方に3、4人いるだけで、映画館はこの状態。

携帯の空気清浄機、扇風機、マスク、タオル、ストールとフル装備で行きましたが、マスクでなんとかなりました。
我ながらすごい。

エピソード7(2015年)の頃は、外出もままならず、たとえ人がいなくても映画館には入れませんでした。

当時は公開後、レンタル開始になるのを4ヶ月待って、Fire TV(Amazon)でレンタルしました。
ネット上でダウンロードされるのをみて、いい時代になった…と思いました。

それでも、あの始まりの音は、大音響、大画面でみたいと思っていました。
ここ1、2年、体調が上向いて実現できたことに感動。

壮大な物語の完結がみられて、よかったです。

マスクしていたとはいえ、シートについた香料や、空気に残っている化学物質で頭は締め付けられ、体にもこわばりがありました。

帰宅後はすぐにお風呂に入り、お灸をして回復につとめました。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です