カレーが食べたくなったら、スパイスを使って作ります。

先日の発熱。
4日間ほぼ食事もせず、いろんなものが抜けきったからだに「何が食べたい?」ってきいたら「カレー」との返事。

我ながら予想外。市販のカレールゥは使えない身なので、スパイス調合したドライカレーを作りました。

昨年の夏、カレー教室で習った友達が、初心者の私にも使えそうなスパイスを送ってくれました。

これらのスパイスを使って作ったのは、夏野菜(ナス、ズッキーニ)を添えたカレー。


最初は難しそうって思っていたスパイスですが、作っているうちに自分の好みや、分量もわかってきました。

今回はちゃんとターメリックライスもつくってみました。
ターメリックはウコン。
染色でも使うので、親近感があります。

季節が変わり、キノコやレンコンを素揚げして。

カレーはクミンシード、ガラムマサラ、コリアンダー、ローリエ、にニンニク、生姜、飴色玉ねぎにひき肉とトマトをいれて作りました。

スパイス調合したカレーを食べると、頭の毛穴が開くかんじです(個人的感想)。
香りで食欲も刺激され、顔から汗を流しつつ食べました。

長い間カレーが食べられずにいましたが、今はスパイスでカレー感を味わっています。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です