縫製する工場の床下にコンクリートをいれました。

化学物質過敏症の患者やアトピーの人が安心して着られる衣料を製造する工場を作ろうとしています。

改修しているのは古い建物なので、基礎の強化を考えて、コンクリートを入れることにしました。

さらに、ここは福井豪雨で床上浸水しているので、少し床を上げておくことに。

コンクリートへの私の反応は、あまりありませんでした。
大丈夫そうです。


職人さん、キレイにならすなあ。

さあ、次は床だ。
これから床材のチェックです。

『きっとよくなる。化学物質過敏症の私がつくった製品wacca(ワッカ )』

たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役。学芸員(美大卒)。2009年に化学物質過敏症を発症し、13年に診断。12年~14年が最も状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。アトピー性皮膚炎歴30年。 過敏症やアトピーの人が安心して使える衣料、安全な染料でおしゃれを楽しめる衣類を開発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です