化学物質過敏症を発症した頃のブログを見つけました

自分のブログを検索していたら、2009年から2010年にかけて書いていた個人ブログを発見しました。

ちょうど、化学物質過敏症を発症した頃です。
当時は化学物質過敏症という言葉も知らず、コトの深刻さをわかっていないので、アトピーの治療って書いています。

以下、抜粋。

===============================
2010年2月22日 (月)
アレルギーとむきあってわかったこと

昨年どうにもならないほど体調を悪くし通い始めた針治療&整体。

昨年末から20年来のアトピーを治しています。
この3ヶ月ほど、わかったこと、経験したことは数知れず、苦しい思いをしてきましたが、返ってきたものは大きく、本当に感謝しているところです。

================================

この頃はだいぶいい子ちゃんで書いています。
そして、アトピーの悪化だと思っている。

体調は良くなっていないのですが、平気そうな投稿をしています。
この状態を早く終わらせたい、という気持ちが見え隠れします。

でも、実は不安で仕方ありませんでした。
仕事もしていたし、経営者だし、体調が悪いなんて周囲に知られてはいけないと思っていました。
それで、ブログやFacebookには普通の日常を送っているように書いて投稿していました。

この記事の数ヶ月前のブログを見返すと、普通の人の生活です。
母とパフェを食べに行ったり、夫の実家に帰省したり、友達と自転車で出かけたり、野球の観戦をしたり、飲みに行ったり…。

漠然と、そういう生活ができなくなる気がして、怖かったです。
それでなるべく、普通のフリをしてブログを書いていたのだと思います。

この後、そうしたフリも続かなくなり、3つほど記事を書いてブログの更新が止まっています。

あれから10年。

こんな生活が続くとは思いませんでした。
(この10年は「発症からこれまでの経緯」カテゴリに書いているので、興味のある方はそちらをどうぞ。)

たぶん、これからも続く。

ただ、発症前は知らなかった真実を知りました。

人は必ず死ぬ。
人生は一度きり。
人はいつ死ぬかわからない。


敬愛する田坂広志さんの言葉です。

だから

「さあ、今日私は何をする?」

と毎朝思うのです。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です