たけのこで気づく、例年との空気(大気)の違い

先日、母がたけのこごはんと煮物を作ってくれました。

ああ、美味しい、旬だな、いい季節だね、と思いながら気づいたこと。

毎年たけのこが出る時期は、黄砂やpm2.5など、色々と空気が悪くて窓を開けられません(私が住んでいるのは福井県)。

その日はお天気が良かったので、洗濯の柔軟剤臭はするけど、それ以外は驚くほど空気が澄んでいました

『え、こんな空気、何年も吸ってないかも。

あ、そうか。
新型コロナウィルス感染防止で経済活動を自粛してるから、大気汚染が減っているんだ。中国から飛んでくるものも少ないだろうし、車も少ないから排気ガスも少ないんだろうな。』

このような世界的に大きな変化、状態はこれまでなかったので、環境に関する科学的データも取れるでしょう。

この日は夜まで窓をあけて過ごせました。
空気がいいと、体調も悪くなりません。

久しぶりに春の空気を味わいました。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です