新型コロナウィルスの感染防止による環境の変化で、化学物質過敏症の私が助かったこと、困ったこと

<助かったこと>

・キャッシュレスが進んで、お札を受け取ることが減り、お札についた香料からの曝露が減った
・オンラインや電話での商談が進み、直接伺えなくても失礼にあたらなくなった
(仕事で怒らせたお客様から、上司(私)が直接謝りにこないことで一層お怒りをかったことがある)
・これまで参加したかったセミナーがオンラインになり、受講できることが増えた
・飲食店のテイクアウトが増え、これまで行ってみたかった店の食事を体験できた
・三密を避けること=化学物質の曝露が減り、体調が良くなった
・宅配が置き配になり、宅配の方の柔軟剤(きつい)を吸わずに済んでいる
・スーパーのレジとの間にフィルムが貼られて、レジの方の香料を吸わずに済んでいる
・ウィルスの感染と、香料の吸い込みの状況を重ねて、過敏症を理解してくださる方が増えた(嬉しい)
・お店の商品にも香料が付着しているので、買うものはバックヤードからビニールに入ったものを出してもらうことが多かった。これが普通になるかも(変な人に思われない)。
・ずっと布マスクをしていても、周囲との違和感がない。
・夏にマスクをしていても、違和感がない(だろう)。
・子供が学校に行かないので、香料をつけて帰らなくなった。
・学校のお便りがメールになったので、香料のついたお便りを受け取らずにすんでいる。
・化学物質過敏症患者がしてきた生活が、そのままウィルスを避ける生活になっていること。慣れているので辛くない。
・私の場合は、人に会えない、一番ひどい状況が2年間あったので、今の自粛生活はとくに辛くない。(ホリエモン氏が2年間刑務所にいたので、自粛生活は慣れているから辛くない、って言ってたのを聞いて、同じだーって思った)

<困ったこと>

・店舗入口にアルコール消毒が置かれ、揮発した成分が充満していて通るのが辛い、目もしみる。
・手が荒れる方が増えてハンドクリームを塗るので、それに反応することが増えた。


…くらいかな。

書き出してみたら、困ったことの方が少なかったです(笑)。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です