化学物質過敏症患者に必須のマスクを、オーガニックコットンでつくる(4) — 本生産開始

化学物質を極力排除した自社工場をつくるところ、試作したマスク、など、5ヶ月にわたり経過をお見せしてきましたが、ついに本生産を始めました。

これは耳にかける紐の端を、ほつれないように縫いどめているところ。

合繊なら焼いたり、接着したりするところですが、それはできないので1箇所ずつ縫っていきます。

動画の右上に見えている二本の糸が、オーガニックコットンのミシン糸です。

縫製スタッフは化学物質の付着を極力避けるため、新しい綿素材の服を買い、縫製場の洗濯機で石けん洗剤で洗い、この部屋で着替えました。

作業前にはシャボン玉せっけんで手洗いも完了してます。

空気のいいなかで「健康になりそう」といいながら作業してくれています。

ミシンの音の合間にはいる鳥の鳴き声にほっこりします

こちらのマスクは、新しくオープンするサイトで2020年5月18日販売開始予定です。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です