化学物質過敏症の患者さんが、縫製場を見学に来られました

私より症状の重い化学物質過敏症患者さんが、縫製場を見学に来られました。

電磁波過敏症もあるため、蛍光灯、換気扇、エアコンは止め、ミシンやアイロン作業も一旦ストップしてお話しました。



こちらの患者さんには1ヶ月以上前から、第1作目のオーガニックコットンマスクを試着して頂いていました。

着け具合もとてもいい、他のマスクよりずっと楽です、と感想を頂き、ほっとしました。

使われているマスクの状態も綺麗でした。

これまで私が購入していたマスクは、オーガニックコットンでも生地がだんだん毛羽立ったり、ひもの端がほどけたりしていました。

私自身、試験を兼ねwaccaのマスクを毎日使って洗っていますが、私のマスクも生地の毛羽立ちもなく、形も大丈夫。

「いい商品を作っていただだいてありがとうございます」

と仰っていただき、一緒に話を伺った縫製スタッフも喜んでいました。

実は昨日、私が糸からお願いし、途中の加工方法も化学物質過敏症患者さん用にしてもらったオーガニックコットンのダブルガーゼが、できあがって届きました。

早速その生地をおみせしたら「こっちの方がいいです」と。

ああ、やはり、同じオーガニックコットンでも患者さんには違いがわかるんだな、と思いました。

私自身、これは全然違う、と感じているので。

また少しずつこの生地のことも書いていきたいと思っています。
そして、この生地で新たなマスクの縫製をはじめます。



たくさんの人が化学物質過敏症の現状を知ってもらうために、応援してくれています。
このバナーをクリックしてくれるだけでこの応援の輪がどんどん広がっていきます。
ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ にほんブログ村

wacca代表。シルクスクリーン製版、衣装制作の(株)横山工藝 取締役 。アトピー性皮膚炎歴30年、2009年に化学物質過敏症を発症し、2013年に診断。2012年~14年が一番状態が悪く、今は寛解(かんかい)に向けて前進中。 「心地いいが基準になる暮らしのために」をコンセプトに、過敏症患者さんも一般の方も安心して使えるものづくりを目指して、スタッフとともに試行錯誤しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です